ぼぎ子の恐怖図書館

好奇心には道徳がないのであります

日本現代怪異辞典 レビュー

日本現代怪異辞典 朝里樹

日本現代怪異辞典

「かしま君」「紫の鏡」「きさらぎ駅」

90年代〜の怪談ブームの際に語られた学校の怪談七不思議

ネットで語られた怖い話や都市伝説などを集めた怪異辞典

 

オススメ:⭐️⭐️⭐️

続きを読む

営繕かるかや怪異譚 ネタバレ レビュー

家の障りはありませんか?営繕屋が修繕いたします。

事故物件ブームの先駆けとなった「残穢」の作者が送る

住居にまつわる怪異を営繕屋・尾端が独自の視点から修繕する。

怪異や幽霊に対しての見方が変わる、ハートフルな全6篇。

 

オススメ:⭐️⭐️⭐️

続きを読む

映画 十二人の怒れる男 レビュー

 

脚本が秀逸だとワンシチュエーションでも飽きない。

密室劇の傑作として有名な作品だったが

脚本はもちろん、演技も演出も映像も洗練されていた!

 

オススメ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

続きを読む

近畿地方のある場所について ネタバレ レビュー

近畿地方のある場所について オーディブル

 

怪異の総合デパートや!

これは本当の物語なのか、ワクワクしながら読み進む

小説投稿サイト「カクヨム」発のフェイクドキュメンタリー

 

オススメ:⭐️⭐️⭐️

続きを読む

魑魅魍魎の世界 浮世絵は素晴らしい

眺めているだけで時間が過ぎていく

日本人は昔から血みどろ、幽霊、妖怪、怨霊が好きだった

浮世絵愛好家じゃなくても楽しめる一冊。

オススメ:⭐️⭐️⭐️⭐️

続きを読む

仮面 ネタバレ レビュー

人は誰しも仮面を被っているというテーマ。

あれ?一人だけ上手く仮面被れてないんじゃない?

ショーンKの経歴詐欺とか、耳の聞こえない作曲家・佐村河内の詐病とか思い出す作品

オススメ:⭐️⭐️⭐️

続きを読む